事業内容| 三重県松阪市でテント金物・鉄骨製作などの、鉄板加工・溶接はトミテックにお任せください。

お問い合わせはこちら

事業内容

骨組製造

骨組はテント倉庫の心臓です

当社は現在はテント倉庫用の骨組鉄骨の製造・加工を中心に業務を行っております。

ひとえに骨組製造といっても、テント倉庫には施工されるお客様によって大きさも形も違うものです。ですから、鉄骨もお客様一人一人に合わせて製造を行うことになります。

当社では、長年培ってきた溶接の技術を中心に、お客様の目的や用途に合わせた最適な骨組鉄筋を作成しております。

図面確認

図面を確認し、必要な部材の長さ及び切断角度を計算します。
ここで、各部材の長さや切断角度を正確に計算することで、加工図や施工図の製作をスムーズに行うことが出来るようになるので、細心の注意を払います。

加工図作成

算出された数値をもとに各部材の加工図及び製品製作図を作成します。
組み立て後の出来上がりをイメージしながら、加工図や施工図の図面を制作していくので、組み立て後に間違いがなくなります。

パイプ、鉄板の切断・孔開け・黒皮除去

図面を確認し、必要な部材の長さ及び切断角度を計算します。ここで、各部材の長さや切断角度を正確に計算することで、加工図や施工図の製作をスムーズに行うことが出来るようになるので、細心の注意を払います。

製品加工

加工した部材で製品(柱・梁・胴縁等)を製作図をもとに仕上げていきます。
現場で組み立てる箇所以外はこの段階で組み上げを行いますので、しっかりと組み立て後のイメージを行いながら、丁寧に仕上げを行っております。

寸法検査・溶接部の浸透探傷検査

出来上がった製品に間違いがないか寸法等を検査、場合によっては溶接部の浸透探傷検査を行います。
現場で組み立てを行った際の不具合を確認できる最後の工程ですので、複数人でのチェックを行い現場でのトラブルを未然に防いでいます。

塗装

製品を塗装(サビ止め・仕上げ塗装)場合によっては仕上げ塗装は2回塗りを行います。
塗装の塗りをよくするために溶接箇所のスパッタ除去・ラッカーシンナーを使って製品全体の脱脂を行った上での塗装を徹底しております。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。